トップ > 賢人の食と心 > 安田 暎胤 ご長老様(前編)

古都、平城京の風薫る世界遺産 薬師寺(前編)

青丹(あおに)よし 寧楽(なら)の都は咲く花の (にほ)ふがごとく 今盛りなり」 と詠われた奈良の都、平城京。
色とりどりに咲き誇る花にたとえられた1300年以上前の都に思いを馳せるとき、現代の薬師寺にその華やかで壮麗な姿を見ることができます。しかし、今にあるこの姿はほんの40年前には存在しないものでした。

長年、宗教を通じて世界平和活動に寄与し、戦後の薬師寺復興において中心的役割を果たされた、薬師寺前管主(かんす)で現在は薬師寺長老になられた安田暎胤猊下(げいか)に、これまでの薬師寺についてお話を伺いました。

安田 暎胤 (やすだ えいいん)

昭和13年 岐阜県岐阜市生まれ
昭和25年 薬師寺に入寺
昭和37年 龍谷大学大学院文学部修士課程修了
昭和42年 薬師寺執事長・法相宗宗務長に就任
平成10年 薬師寺副住職に就任
平成15年 薬師寺管主・法相宗管長に就任
平成21年 8月より薬師寺長老となられる
現在 薬師寺長老
(公財)世界宗教者平和会議 日本委員会 評議員
日中韓国際仏教交流協議会 常任副理事長
(公財)国際仏教興隆協会 理事長

■著書 
『佛の道を思う朝』(講談社 1990)『玄奘三蔵のシルクロード シリーズ』(東方出版1998-2002) 『心の道しるべ』(講談社 1999)『この道を行く』(講談社 2003)『人生の四季を生きる』(主婦と生活社 2003)『住職がつづる 薬師寺物語』(四季社 2004)『花のこころ』(講談社 2007)『まごころを生きる』(大法輪閣 2008)『五つの心』(主婦と生活社 2008)他

天武天皇9年(680年)に創建された薬師寺は、幾度かの火災で東塔(国宝)と東院堂(国宝)のみを残して焼失しました。しかし、高田好胤管長(昭和42年当時)を盟主とする一山僧侶の献身的勧進により復興再建されることとなり、現在の薬師寺においては1300年前の姿を取り戻し、活気溢れる平城京の壮麗な姿を今に伝えています。その高田管長と二人三脚の如く31年間、平成10年に高田管長の遷化後も伽藍復興に尽力され、管主(最高位の僧職)に就任、現在は薬師寺長老となられた安田暎胤猊下(げいか)。焼失した金堂を再建する為、"お写経による金堂復興" を高田管長に提案され、また多くの反対を受けた西塔再建の先頭に立ち、復興の意義や薬師寺の将来ビジョンを述べ、結果多くの賛同を受け許可を得るに至りました。池の向こうに若草山を背景とし、金堂を中心に東塔、西塔の並び建つ景観はよく知られています。更に、歴史的風土保全特別地区に指定されている薬師寺境内において、許可が下りない新築の建設も安田ご長老が自ら説得され、『西遊記』の主人公である玄奘三蔵のご頂骨の一部を安置する玄奘三蔵院の建設を成し遂げられました。 平成10年(1998年)より、薬師寺はユネスコ世界遺産として登録されています。

法相宗大本山 薬師寺の起こり

奈良時代に法相宗(ほっそうしゅう)を含む6つの宗派が中国から伝わって来まして、それを南都六宗(なんとろくしゅう)といいます。それから平安時代になりまして、天台宗(てんだいしゅう)と真言宗(しんごんしゅう)ができたんです。昔、薬師寺ではその2つの宗も含めた8つの宗を兼ねて学ぶことができる八宗兼学の道場として勉強していたわけです。ですから、薬師寺は一宗一派を標榜(ひょうぼう)※1 したことがなかったんです。しかし、明治5年に太政官布告(だじょうかんふこく)が出まして、宗を標榜するようにということで、東大寺は浄土宗に入って、薬師寺と法隆寺と唐招提寺は真言宗に入りました。それで、急なことだったからそうなったんですけれど、歴史的におかしいのではないかということで独立運動を起こしまして。それで、明治15年に東大寺は華厳宗(けごんしゅう)に、薬師寺と興福寺と法隆寺は法相宗に(現在、法隆寺は聖徳宗(しょうとくしゅう)として独立)、唐招提寺は律宗(りっしゅう)ということで3つの宗が出来たんです。だから、一宗一派になったのはまだ130年くらいの歴史しかないんです。 薬師寺のみならず、東大寺も法隆寺も興福寺もそうですが、亡くなったらお葬式は別の寺の僧侶に来てもらってやります。お葬式は頼まれてもお断りをしてるんです。参列はしますけど、導師をつとめない。それは昔からの慣わしみたいなもんですので、境内には墓がありません。薬師寺には檀家がありませんからね。

※1 標榜(ひょうぼう)・・・主義・主張などをはっきりと掲げ示すこと。

薬師寺の結縁者の場合は一代きりで終わってしまう方が多いですね。新しい宗教でもね、一生懸命に親が信仰していても子どもは関心がないことがあるでしょ。檀家寺の場合は墓があるから結ばれてますけど、それももうこの頃は転勤とかで帰らなくなってますね。だから、無縁仏になってしまう場合もあるんです。 宗教は信仰の自由がありますから、個人的にご本人が薬師寺が好きでも、あまりのめり込んでしまうと子どもは反発します。薬師寺の場合は強い信仰ではないのでそういったことも少ないとは思いますが。歴史文化に対する興味を持っておられる方なんかは、薬師寺は歴史と宗教がミックスされていますから熱心に来られる方もありますね。

禅宗の僧侶は特に僧堂の師家(そうどうのしけ)※2 のような、弟子の教育に専念なさっている方がおられますな。そういう方は外部との交渉は絶って、修行をなさっている方も極々稀ですがおられます。もう今は少ないですけれど。 日本人は無宗教の方が多いと言われておりますが、実際には救いを求めている方が多いんです。薬師寺は檀家がないから僧侶が誰にでも話しをしますけれど、お葬式のときに檀家寺の導師さんはお経をあげると帰ってしまう場合が多いでしょ。そうじゃなしに、たとえばお経を読む前でもいいからその場でミニ説法をしたら良いと思います。一番聞く耳を持っているのがお葬式のときですから。僧侶が今からあげるお経はこういうお経であるとか、人間はやがて死んでいくこと、″散る桜 残る桜も 散る桜″ですから。やがてみんな死んでしまいますが、生きていることの有難さや人生の生き方をその場で語るようにすると良いと思います。

※2 僧堂の師家(そうどうのしけ)・・・僧堂とは、禅宗において僧侶が修行をする場。師家とは、指導する力量を具えた者をさす尊称。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ